不動沢の向斜構造

かつては海の底、象も住んでいた越路地域

新潟県のほぼ中央に位置する越路地域はかつて、海底にありました。
成出向斜構造の露頭には、海の底に積もった土砂がU字型になった地層を見ることができます。
先史時代の遺跡をはじめ生活の痕跡が残り、100万年前には象が闊歩した町の姿を想像するのは楽しいことです。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です